人生の価値を定める ACTの学び

自分の価値観を持ちそれに沿って人生の方向性を定めて生きることができたなら、どうでしょうか。

きっと、苦しくても頑張れる、くじけそうになっても自分の価値にそった生き方をすれば逆境すら楽しめる。そんな経験はありませんか。

たとえば

愛にあふれた家庭を築きたい。

誰に対しても誠実でありたい。

私の場合は、若い日痛んだ記憶から、誰かが痛んだ時そばで何らかの力になりたいということでした。ただそのように自分の価値観にそう生き方が依然からできていたかといえばそうではなかったかもしれません。不安に苛まれできない、無理だと感じることも多くありました。

目的とは違います。目的は成し遂げられるものです。

価値観は人生が続くかぎり、生き方を決定される有効なものです。目的は価値観にそって決めることが大切です。

またどんな状況にあろうともぶれずに自分を支えるものです。

そしてその価値にコミットすること。不安がありながらもそれを受容し、価値にそった生き方ををすることができるようになる。「今ここで」にコミットする。

不安は受け入れるが囚われず、今に集中する。


マインドフルネスを使ってできるようになると言われています。

参考文献 「幸せになりたいなら、幸せになろうとしてはいけない」ラス・ハリス


カテゴリー: プライベートの悩み, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です