いちばん大事なこと

「前向きに頑張れない私は価値がない・・」と思ったり

「成果を出せない私は価値がない・・」と思ったり

 とかく自分に厳しい人達、内省ができる人達は、そんな想いに囚われることがあると思います。たしかに前向きに頑張れることは素敵だし、成果をだして人の賞賛を得たり、お金持ちになったりすることは、自己肯定感も上がるでしょうし、そのお金で世の中に貢献することもできるかもしれません。

 でも、もしあなたが失意のなかにあるとしたら、「生きていてくれてありがとう!」と伝えたい。

 今の辛い気持ちがいつまでも続くように思えるかもしれませんが、必ず光が差し込む日がやってきます。
 身近な人に「助けて!」と言ってもいい。
 自分に優しくしてゆっくり休む、眠ることはとても大切です。
 心身ともに疲れ切っているとき、耐え難い悲しみや苦痛なときは、まずはゆっくりおやすみなさい。目が覚めた時ほんの少しかもしれませんが心が軽くなっているはずです。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ワークショップのご案内

ゲシュタルト療法と交流分析のワークショップです。

興味のある方はご参加ください。

申し込み、問い合わせは下記の大瀧氏まで、お願いします。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

セミナーのお知らせ「不登校を考える」

私も所属する「庄内こころ塾」で今年もセミナーを開催いたします。

どうぞよろしくお願い致します。

庄内こころ塾 不登校セミナー2023「不登校を考える」 参加申込書はこちらです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

お知らせです!

わたしも所属している「こころ塾」からのお知らせです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

置かれた場所で咲くということ

「おかれた場所で咲きなさい」渡辺和子さんの著書です。

聞かれたことがある方も多いのではないかと思います。

私はガーデニングが趣味なのですが、植物に学ぶことも多くあります。

宿根草は地上部は冬にはなくなってしまいます。でも春になると株が充実してきれいな花を咲かせてくれます。ときには忘れていたころに再び芽をだすものもあります。花が咲かない咲けないときには、地下に深く根をはり花咲く日のために力を蓄えて来たのだなと思います。

置かれている場所はあなたの居場所だから、そこで頑張っていればいつか花咲く日がくる、これも正しいとは思います。

しかし、ブラック企業で命を削って頑張れということではなく、いじめを受け続けても学校に行きなさいということでもなく、モラハラなパートナーでもあなたが変われば上手くいくなんてことではありません。
暑さに弱い植物は暖地では夏越しできません。寒さに弱い植物は寒地では枯れてしまいます。

自分の置かれた状況を正しく把握すること、手助けが必要ならSOSを発すること、そのことがまず大切だと思います。

先日、野の花が咲いている場所を歩いていたら、小さな花たちが寄り添ってくれてるような感覚を覚えました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

メンタルの保ち方

新しい年の初めにあたり希望も抱負も盛りだくさんあったのですが、ここ数日ダウンしてしまいました。身体ではなくメンタルのほうです。

昨年の後半から様々なことがあり、キャパを超えて頑張りすぎていた自分がいました。
隔離された空間に閉じ込められていたような閉塞感、自分の力が信じられなくなって前に進めなくなったような感覚、「私なんか・・・」という感覚。
部屋は散らかっていました。

そんな時なにを始めたかというと、まず掃除、整理整頓、不用品を捨てることです。
これである程度見通しが立つという感覚がもどりました。
それからゆっくりお風呂につかり、早々と就寝しました。良質な睡眠は脳の疲れをとってくれます。
そして自分を苦しめている感情を観察してみます。考えてもどうしようもないことは心の隅に居場所をつくりおいておきます。目の前ではなく、あくまで隅っこに置くイメージです。この時、ストレスになっているものを削除しようとか、払いのけようとすると、ものすごい勢いで襲ってくるので、あくまで隅っこに置くというのがポイントです。ACTの考え方ですね。

現在学んでいる大学院の授業のなかで「カウンセラーは自らが痛む体験が必要だ」と仰っていたのを思い出しています。クライエントさんの痛みと同じ痛みを共有することはでません。できると言い切ることは不遜です。
as if   〈あたかも、~かのように〉それが基本です。

箱庭療法というセラピーがあります。河合隼雄先生が日本に導入されたユング派の心理療法です。心の在り様が小さな箱庭に表現されていきます。回を重ね心の状態が落ち着くと、箱庭も統合されたものに変容していきます。
こころの在り様と現実の在り様は連動しているのかもしれません。
そういった考えもあるので落ち込んだ時、すぐ出来ることとして片付けや掃除をやってみることにしています。

着手する元気もないときはまず眠ること、信頼できる友人に話しを聴いてもらうことも有効です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

嬉しいたよりが届きました。

先日、過去にカウンセリングにいらっしゃった方から、とても嬉しいメールを頂きました。

ご自分の価値にそって道を進もうとしていたのですが、周囲は必ずしも肯定的ではありませんでした。
しかし、そんな騒音に負けず、私なんかという負のメンタルと戦い、必死に頑張ってきた結果信頼できる方に「自分の右腕になって欲しい」と言われたそうです。
これからはその方と共に道を究めていかれるのだろうと思います。

自分の価値にそって生きるとき、困難に遭遇しても、苦しみもがきながらも苦しいけれど楽しいという境涯に達するものです。

また、そのことをお知らせくださったことがとても嬉しく思いました。
カウンセリングにいらした方たちを追跡調査することはできません。
どうしてるのかな~。幸せだといいな~。
そんな思いでいます。

とてもあたたかい気持ちに満たされた日でした。

 

カテゴリー: はせひろブログ | コメントする

休養するというセルフケア

秋も深まってきました。

うつで休養する方に対する心ない記事を目にしました。
とかく日本人は勤勉で、「全力で頑張る」とか、「気持ちを強くもって」とかという言葉がよく聞かれるような気がします。

それは日本人の美徳のようにもきこえますが、うつ病を発症した方に対しては間違った考えです。うつ病にはなにより休養が大切です。多忙で責任感が強い方は、「投薬だけで治してほしい。」と医師に懇願されるかたもいらっしゃるそうです。
休養だけで治ることはあっても投薬だけで治ることはないというのが医師の見解です。

無理をして仕事を続ければ、命さえ危うくなることがあります。
うつ病は脳からのSOSです。

まずは休養、投薬、温かいごはん、自分へのいたわりが必要です。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

女性の体の決定権

アメリカで女性の中絶を禁止する州が最高裁の決定を受けて増えています。
レイプや近親相関ですら、認めてもらえない。

胎内に宿る命に罪はなく、その命が守られるべきという論理も間違ってはいません。

しかし

妊娠は女性の身体に大きな負担を強いることになります。時には妊娠出産で命を落とすことさえあります。
自分の命とひきかえに赤ちゃんを産むことは美談として語られることが多いように思います。
でもそれは、母親の自己決定による場合だけだと思います。

レイプや避妊に協力しないパートナーのもとでの妊娠がどれほど女性を追い詰めることでしょう。
自分の身体のことは自分で決められる、これは人としての権利です。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

杉山先生の講演のご案内

以前のブログにも書いた杉山先生の講演会です。zoomで参加できます。

カテゴリー: 未分類 | コメントする