withコロナ with不安

きょうは、きれいな初夏の日といった感じです。
爽やかな風とやわらかい光が降り注いでいます。

残念ながらアフターコロナとはいかず、長く付き合っていくウィズコロナの日々がしばらく続くのでしょう。正しく怖さを認識し、正しく予防していきましょう。

不安はどうでしょうか?
なくすことは出来ますか。
不安にとらわれず前向きに・・・とかよく聞かれますが、どうでしょうか。
払いのけようとすれば襲ってくるし、いっとき忘れたかに思えても時がたてば必ずまたやってきます。
子供の頃、親から受けた不適切な養育、虐待。戦争や内乱(今の日本では考えにくいですが)、今もその深い傷跡に傷ついている方たちもいらっしゃいます。命を脅かされる事故や天災もトラウマです。
トラウマとまでいかないまでも私たちを苦しめる苦痛な体験を想起し、くるしむことはよくあります。
ただ、それらのことが日常生活さえ脅かすようになったら・・・

過去の不幸な体験は私たちを苦しめます。
しかし、いま私たちを殺すことも害をなすこともできはしないのです。

不安と格闘しない。
不安の原因を追究しない。

不安は依然としてあるが、距離をとってみる。
「・・・という過去の記憶に傷ついている自分がいる。」
「なにをやっても上手くできない自分はダメだと思っている自分がいる。」
自分の目の前ではなく離れたところに置くイメージです。
へやの中のテレビで「嫌な過去の物語が放映されている」というふうに。

不安はなくはならないし、思い出せば不快には感じても、格闘しないですむようになります。

ACTアクセプタンス&コミットメントセラピー

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です