レジリエンスの話(ストレス耐性について)

ストレスコーピングという言葉をお聞きになったことがあるかと思います。
ストレスへの対処と訳されていますね。いわゆる、気晴らし、気分転換をはかるためにすることです。好きな音楽を聴くとか、美味しいものを食べる、軽い運動するとか、それぞれに行っていることがあると思います。

一方、レジリエンスとは復元力、耐性と訳されていますね。
「あの人はレジリエンスが高くてなにがあってもへこたれない!」とかいうのを聞いたことがありませんか?

私は気持ちが落ちてちょっとマズイなと思うとき、いつも支持的に接してくれる友人と話をしたりします。また、いろいろあったけどなんとか生き延びてきたよなという楽観。
自分にもできていることを探す。自分の状況を客観的にみてみる。逆境を楽しむ。
自分が安心できる関係性を再確認する。そういったことをしてみます。
レジリエンス因子としては、
支持的なひとがそばにいてくれること。(安定した愛着といってもいい)
楽観主義。
ユーモアのセンス。
自尊感情。などがあげられると思います。

それから、これは生活するうえでの基本中の基本ですが、生活を整えることが大切だと思います。掃除をする。洗濯する。食事をとる。眠る。たまってた要らない書類を処分するとか、身の回りの整理は心の整理にも繋がります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です