共感性について 一考 

人の思いを自分のものとして感じることができる感性。
あたかも自分が経験したかのように感じる感性。

あたかも、「as if…」なのです。近似したものですが全く同じではない。その認識が必要です。

同じ大切な人を亡くしたという喪失体験でも、その意味は似て否なるものです。
わかったつもりにならないことも大事です。
「分かる気がする・・」するという程度。

その認識がないとクライエントさんを傷つけてしまう可能性があります。

カテゴリー: プライベートの悩み パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です