悲しみが深いと泣けない

深い悲しみは涙することさえも奪ってしまうことがある。

絶望の淵から涙が身体の中へあふれても、声をあげて泣く事さえできない。

それでも日常はながれて行き私達は生きて行かなければならない。

時がたち、季節が移ろい、幼子は大きくなり、いつかあたたかい涙が流れるようになったら、おもいきり泣こうと思う。

融ける事のない氷のような悲しみも時が流れ、毎日の生活を丁寧に、丁寧に生きてゆけばきっと涙が洗い流してくれる。

そして、いま、ここで生きていることに感謝しようと思う。

カテゴリー: プライベートの悩み パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です