大切な人がなくなる 夢

大きな日本家屋で幼い娘と私は「老賢人」のような人と暮らしている。
彼を慕って様々な人が訪れる。
偉そうにしている男性がくるが、その人に「おまえでもできてるんだから云々・・・・」と言っている。
喧嘩にならないかと、私は心配する。

一緒にくらしているのに中々会えない。そんな中彼が亡くなったらしい。
大勢の人が弔問に訪れる。
知った顔もいる。

私は娘と一緒に生きていこうと考える。

カテゴリー: 夢の記録 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です